Posted on

ラインに入って組み立て業務に従事するのが基本

工場での働き方は千差万別ですが、たとえば家電製品を製造する工場の場合、ライン作業員が募集されることが多いです。ラインで働く場合、業務を管理している社員から作業場所を割り当てられます。もし、梱包作業を担当することになった場合は、ラインの最後方に位置して、組み上がった家電製品を袋詰めして段ボールなどにしまっていくことになります。

家電の組み立てを任されることになった場合は、だいたいラインの真ん中辺が作業場所になることが多く、上流から流れてくる基板にパーツを取りつけ、それをに下流に流すのです。

同じ物を製造する限り、同じ作業を行う

一度、作業場所を割り当てられた場合、基本的にそこから別の場所に移動して別の仕事をさせられることはありません。一日、同じ作業を繰り返し行うことになります。よく、工場での仕事は大変だと言う人がいますが、その理由の一つとして挙げられるのが上記のように作業内容が単純すぎるということなのです。

しかし、ラインで製造する製品が変わる場合、持ち場も変わる可能性が高く、勤め始めたら退職するまで同じ作業をしなければならないということはまずありません。

ライン作業員は掃除をすることも多い

家電を組み立てる工場で働く場合、ライン作業とは別によく行う仕事があります。それは工場内の清掃です。本来、清掃は重要な仕事とはいえないのですが、ライン作業は不良パーツの発見など様々なアクシデントによってストップすることがあり、その場合、ライン作業員はまったくやることがなくなってしまいます。そのため、掃除を指示されるのです。

東京の工場の求人は、大手企業の工場以外にも、町工場のような小さな企業も多く存在しています。このような企業は、独自の技術力を所有していることも多く、その技術習得の目的で求人検索をすることもできます。