Posted on

ドライバーは地理に詳しくなるのがメリット

ドライバーの仕事のメリットは、地理に詳しくなることです。トラック、バス、タクシーなど様々な車種のドライバーの仕事がありますが、最も大きなポイントとしては地元民でなければ知らないような細道や抜け道に詳しくなります。特にトラックドライバーの場合は配達などをする業務がある職種であれば、どのドライバーよりも地理に詳しくなる可能性が高いです。タクシーの場合はお客さんの指定によって走るため、すべての道に詳しくなるわけではありません。しかし、何度も同じ地域で様々なお客さんを乗せて走ることによって、次第に詳しくなっていくでしょう。バスの場合は観光地など全国レベルの地理に詳しくなる可能性が高いです。車種によっては夜間高速を走ることもあるため、高速道路の状況に詳しくなるでしょう。

ドライバーの仕事で避けられないデメリット

ドライバーをするうえで最もよく上げられるデメリットは、年齢による心身への負担が大きいことです。特に60歳以降は目や耳などの感覚器に年齢による影響が及びやすいため、運転することがつらくなります。特に長距離を運転することは厳しくなる可能性が高いです。また、荷物の配送を行うことも厳しくなります。特に重い荷物を持って配達することに、心身の負担を感じることが大きくなるからです。ただし、正社員として勤務している場合は内勤に回される可能性や、後輩ドライバーが2種免許を取得するための教官として活動するなどの選択肢があるため、ずっとドライバーをしているわけではない場合もあります。年齢によって退職するわけではなく、多様な可能性があることを理解しておくことが必要です。

混雑している道路を回避するために、大阪のドライバーの求人では地元の地理に精通している人を歓迎しています。