Posted on

キャリアチェンジとキャリアアップの違いとは

自分のやりたい仕事に就くことを目的にした転職をキャリアチェンジと言います。現在と同業種・職種に転職して成長を目指すキャリアアップに対して、未経験の世界に飛び込む場合に使われる言葉です。キャリアチェンジは何歳からでも可能ではありますが、厳密には年齢による線引きがあります。30代半ばくらいになると採用率が低くなるため、遅くとも30代の前半までにはキャリアチェンジを決めましょう。転職活動は早ければ1か月で終了する人もいますが、なかには1年くらいかかる人もいます。将来的に転職を希望している方は、早め早めに行動を始めてください。退職してゆっくりと仕事探しをする方法もありますが、転職活動に時間がかかりすぎると、退職からの空白期間が長くなってしまう点は要注意です。

仕事探しでは本音を大切にしよう

仕事は性格によって向き不向きが分かれてきますので、転職コンサルタントに相談して仕事探しをするのが得策です。コンサルタントの適性診断は非常によく当たり、現在の自分の市場価値が明確にわかります。転職を成功させるコツは、市場価値にマッチングした職場を探すことです。年収の低い求人は採用率が高い傾向がありますが、入職後に後悔する原因になりやすいです。退職を決断する最大の要因は、収入と人間関係の問題だと言われています。コンサルタントに相談するときは、本音をすべてぶつけるのがコツです。例えば収入をアップさせたい本音を隠し、仕事のやりがい・社会貢献が目的などと建前を伝えてしまうと、ミスマッチした案件を紹介される可能性があります。

住み込みや期間工といった工場での求人を探すなら、検索サイトの京栄センターで希望の求人を見つけられます。