Posted on

実務経験者や有資格者を優遇している企業を選ぼう

外資系転職の後に納得のいく待遇で働き続けたい人は、実務経験者や有資格者を優遇している企業を選ぶことがとても大事です。たとえば、IT関連のビジネスを中心に展開している外資系企業においては、IT業界で現場のエンジニアだけでなく、マネージャーやプロジェクトリーダーを担当した人を積極採用する傾向が見られます。また、難関の国家試験に合格をした人や、実務の様々な場面で役立つ資格を持つ人を対象に、特別な手当を支給している外資系企業も少なくありません。そうした中、転職活動中に優良な外資系企業を見極めるには、様々な経歴を持つ社員が活躍しているところや、人事評価の基準がしっかりとしているところを選びましょう。

日々の仕事で必要となる語学のスキルも確認しておこう

外資系企業では全ての職種で高度な英語力が要求されるわけではありませんが、社内で円滑に従業員同士がコミュニケーションを取る際に、少なからず英語を使用する場面があります。そのため、自分が目指す職種で必要とされる語学のスキルについて調べるために、外資系転職の希望者を対象に開かれる就職セミナーや合同面接会などのイベントに参加をしたり、実際に人気企業に長く勤めている人の意見を聞いたりすることがおすすめです。一般的に、海外転勤の可能性が高い営業職や総合職などに転職を希望する人は、ビジネスレベルの英会話をマスターするために、在職中からネイティブ講師にレッスンをしてもらえるスクールに通学したり、オンデマンド配信の授業を受けたりすると良いでしょう。

外資 IT企業には、海外で開発されたハードやソフトを日本向けに販売するメーカー、海外のソフトを日本向けに展開させるベンダーなどの種類があります。