Posted on

トラックに乗るだけではない

トラックドライバーの仕事というと、その名の通りトラックに乗って荷物を運ぶという仕事を想像する人が多いです。その想像は間違ったものではありませんが、トラックドライバーの仕事とは、ただトラックに乗って積み込まれている荷物を目的地まで運べばよいというわけではありません。トラックと一口に言っても、様々な大きさがあります。大型もあれば、中型、小型もあり、そのそれぞれで必要となる資格も異なるものです。そのため、トラックドライバーの仕事を行うためには、様々な準備が必要となります。

荷物の積み下ろしも行う

トラックドライバーの仕事のひとつとして、荷物の積み下ろしが含まれる場合があります。所属する企業によってその仕事内容は異なっており、郵便などの配達を主に行う企業のトラックドライバーであった場合、荷物を配送するばかりではなく、時には個人の自宅に伺い荷物の集荷をすることもあるでしょう。引っ越し業者の場合は、荷物を梱包することから始まり、傷つけないように積み込み、配送先で家主の望む場所に荷物を下ろすことまでが仕事のことも多いです。その際に行う伝票作成もトラックドライバーの仕事となります。

セールスも行うことがある

企業によっては営業もトラックドライバーの仕事のひとつとなっています。トラックドライバーが集荷や配達、ルート配送をしている際に、同時に商品のセールスも行うというものです。配達先以外にも近隣住民へのセールスも行うことがあり、セールスの結果によってはトラックドライバーの給与に影響を与えることもあります。

トラックドライバーの求人は現在ではとても多くあります。トラックドライバーは人手が不足している職業なので就職をするなら狙い目です。